ボウモア12年 グレンフィディック12年

ボウモア12年
グレンフィディック12年

ボウモア12年 グレンフィディック12年のレビューです。イオンでハーフボトルが安売りしていたので御迎え致しました。どちらも、スーパーで必ずあるので安心感からか意外と手を付けていなかったんですよね。

ボウモア12年

ボウモア12年 40°
Bowmore 12-year-old 40%
香り:B
味 :B
入手:S
総合:A

開栓直後からアイラ系のピート(所謂正露丸)が漂います。ラフロイグの様なガツンとしたピート感では無く、優しく仄かなピートを纏ってアイラ系が苦手な人でもとっつきやすいのではないでしょうか。この優しく纏った感じが「アイラの女王」たる所以かもしれませんね。

なんて言っても、海抜0mの熟成庫なんですから潮っけたっぷりのピート香なはずです。ピートに鼻が慣れてくると奥からは黄色い花系でとても華やかになっていました。12年はバーボン樽主体なので華やかさに振った感じですね。

飲んでみると、より一層ピートの煙が口内に広がりますがボウモアの特徴なのか、出汁?っぽい海藻のようなニュアンスが出てきます。段々ピートに慣れていくので出汁が強くなってきてなんだかしょっぱさすら感じてくるので不思議ですね。余韻は出汁感が続くのですが余韻というかは後味として舌の上にのこっていきます。

ストレートで飲んでいてそれらのニュアンスが強く感じましたがハイボール又は水割りにすると良く伸びて馴染みました。全体として各香味が柔らかい為、水割り等の薄めることで少々ぼやけるものの、飲みやすい丁度よさが出来ました。

出汁ジュースって感じで軽めです

グレンフィディック12年

グレンフィディック12年 40°
Glenfiddich 12-year-old 40%
香り:B
味 :C
入手:S
総合:B

グレンリベットと並びスコッチ初心者によくお勧めの銘柄がこのグレンフィディック12年です。世界的に売り上げで言ったらグレンフィディックが上なんです。スーパーで一度はこの牡鹿のロゴを見たことがあるのではないでしょうか。

注いでみると爽やかなラフランスの様な香りが広がります。エステリーなのでしょうがあたりがとても優しいですね。少し、香りの持続が弱いようでスワリングして一嗅ぎすると消えてしまいます、儚いですね・・・

香り同様、酸味のある果実のニュアンスが有りました、青りんごの甘酸っぱさが広がり、すっと消えていきます。ネガティブ要素は全くと言ってなかったのですが裏を返せば個性も拾えなかったんですよね。勿論、余韻はほぼないです。

私としては香味共に薄すぎて、物足りなくもっとピートが利いていたり、樽感がでて甘みがあった方がいいのですが、香味共に癖が無くとても飲みやすく確かにスコッチの入り口として最初の一本には良いのかもしれません。

スーパーに行けば、どちらかはありますよね

いずれのボトルもスーパーで見かけるボトルでハーフもありますので先ず、どのスコッチがいいか迷っているのでしたら試してみるのもいいかもしれません。

コメント